キッズライフ

【初心者でも簡単!】手縫いでできる『子供用マスク』の作り方&リユース活用法。

新型コロナウイルスの影響でマスク不足の今。
緊急事態宣言も出て外出自粛なので、おうち時間で子供用のマスクをハンドメイドしてみることにしました。

ミシンもなく、裁縫は苦手ですが…
そんな自分でも簡単に作れたので作り方を紹介しようと思います。

今回作るマスクは横約12cm×縦約8cmの子供用マスクのサイズになります。

手作りマスクに必要なもの

用意する材料はたったの2つです。

材料

ダブルガーゼ生地(縦15cm×横36cm)
マスクゴム(25cm):2本

ガーゼ生地は縮みやすいので1度水通ししてから使うことをオススメします。

マスクゴムは品薄になっているので、今回はズバゲッティの白色を25cmに切って、さらにそれを縦に半分に切って代用しています。

平面マスクの作り方

【1】生地をカットする

まず、作りたい大きさに生地をカットします。
今回作るのは子供用サイズなので、縦15cm×横36cmに切っていきます。

【2】生地を折り畳んでいく

生地を折っていきます。
この時折り目ごとにアイロンを掛けたほうが綺麗に仕上がります✨

(我が家はアイロンが壊れていたため省略しています😥)

①まず生地を裏返しにして、写真のように横長に置き、真ん中に折り線をつけて、上下を真ん中に向かって折ります。

②次に横部分を3等分になるように、まず左側から折っていきます。
(だいたい10cm〜11cmあたりのところで折るといいと思います。)

③反対側も折りたたみます。
この時生地の端を1cmくらい内側に折り込むと切りっぱなしの部分が隠れて見た目が綺麗になります。

④横幅が12cmになるように整えます。

これで折る作業は終わりになります。

【3】手縫いする

両端1cmくらいの部分を1番丈夫と言われる『本返し縫い』でチクチク縫っていきます。

Point本返し縫いで裏面も出来るだけ綺麗に縫うには、表と裏の両面にチャコペンなどで線をつけて、その線に合わせて縫い、裏面の糸は1縫い前の糸の1針分ずらした位置に出すようにするとそれなりに綺麗な見た目になります。

【4】ゴムを通す

①紐通しを使って両方の紐通し口にゴムを通していきます。

②ゴムを長さを調節して結び、結び目は紐通し口に隠して完成です。

着用例

1歳11ヵ月の息子がつけるとこんな感じです。
引っ張ってゴムが伸びちゃうので少しゴムを短めにした方がいいのかも…!

番外編:リユース活用法

マスク不足でマスク用品が品薄だったり欠品してたりするので、使用済みの使い捨てマスクの再利用できる部分を有効活用したいと思います。

使える部分はこの2ヵ所!
マスクゴムノーズワイヤーです✨

ノーズワイヤーは今現在、ユザワヤなどの手芸店でも欠品状態が続いてるので、これで代用できます。

マスクゴムは汚れてたりするので洗濯してから使ってくださいね。
子供用マスクなら紐通し口を作らず、直接上下に縫い付ければちょうどいいサイズになるし、大人用マスクに使う場合は2~3本結んで長くして使えます。

今回紹介した『子供用マスク』ではノーズワイヤーを入れてないのですが、入れる場合の手順も書いておきます。

ノーズワイヤーを入れる場合

上の完成形のマスクに追加していきます。

①上部の袋状の部分にノーズワイヤーを入れて袋状の底の位置まで移動させる。

②マスクの上部分を約1cmくらいの部分を縫い付ければ完成。

いつまで続くかわからないマスク不足も手作り&リユースで乗り切りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です